ウォーターサーバーを使いたいのならレンタルもしくは購入しよう

レンタルと購入

購入

通販サイトを見る女性

ウォーターサーバーを導入するにあたって「購入」という方法があります。
ウォーターサーバーの導入を検討している時に、「毎月レンタルサービスを利用するなら購入したほうがお得なんじゃないの?」と一度は考えたことがあるでしょう。購入とは、サーバーの本体を買い取りするということです。そのため、購入ではなく買い取りという呼び方をすることも多いです。ただ、購入の場合でも水は定期的に注文しなければならないので水のボトルのみ継続的に購入することとなります。

購入する場合に気になることといえば、購入費用でしょう。本体の購入費用は、浄水機能が付いていないものであれば3~10万円程度、フィルターが内蔵されていて水道に直結しているものであれば20万円以上かかります。初期費用は高いですが、月々のレンタル料は発生しません。
サーバーを買い取りしていますので、途中で本体が不要になった場合でも解約料が発生することはありません。

レンタル

水を購入した女性

ウォーターサーバーを導入する際に一般的な方法として「レンタル」があります。
現在、一般家庭やオフィスなどで導入されているウォーターサーバーはレンタル契約をしている場合が多いです。レンタルは、一時的に契約をしているだけなので不要になれば本体を返却することが出来ます。レンタルの場合、毎月本体のレンタル料金と水の購入代金が発生します。

レンタルの大きな特徴として、「手軽に導入できる」という点が挙げられます。購入時に比べて初期費用が安く、自分に合わないと感じた場合には解約して乗り換えることが可能です。ウォーターサーバー会社によっては、無料で本体のレンタルを行なっていますので、実質必要な料金は水代のみとなります。

まとめ

宅配業者

購入とレンタルそれぞれの特徴を紹介しました。
料金に関しては、圧倒的にレンタルがお得です。レンタルは初期費用も発生しませんし、レンタル料が無料といった業者も多いです。また、サービスに関しては、解約すれば業者を変更することが出来ますし、サーバーを返却することもできるのでレンタルの方が便利でしょう。
このように、上記の特徴を見ても分かるように「レンタル」の方が断然お得です。

最近では、購入よりもレンタルの利用者が増えていますので、宅配水業者にしてもレンタルサービスに力を入れています。
競合が多くなればなるほど、料金やサービスの面で利用者にとってお得になります。そのため、ウォーターサーバーの導入を考えているのであれば、まずはレンタルで試して様子を見ましょう。

TOP