安全性の高いウォーターサーバーの条件とは?

安全なものと安全でないものの違いとは

悪いのは空気!?

水を飲もうとする子供

ウォーターサーバーはおいしい水を手軽に飲みたい人におすすめです。
しかし、サーバーによっては衛生管理がきちんとなされておらず、場合によっては水道水よりも危険な状態になっていることもあります。安全でおいしい水を提供してくれるはずのウォーターサーバーが、安全でない水を出すのは一体なぜなのでしょうか?

その原因の1つとして注意しておきたいのが、空気です。
普段私達が吸っている空気には、雑菌がたくさん潜んでいます。数が少ないため健康への影響は本来ほとんどありません。

ところが、この雑菌がボトル内に侵入してしまうとどうなるでしょうか?
ボトル内の限られた空間で雑菌はどんどん繁殖していきます。ボトル内は水があるので湿気もありますし、雑菌が増殖するのにとても適した環境なのです。そのため、いくら安全でおいしい水をボトルに入れてもサーバーで衛生管理がなされていなければ、水の状態はどんどん悪くなってしまうのです。
これを避けるためにはウォーターサーバーを比較する際、必ず衛生管理や細菌対策をどのようにしているのか確認しておくことが必要となります。

例えば、きちんと衛生管理しているものの1つとして挙げられるのが、外気を取り込むフィルターに殺菌機能が付いているもの。これなら、ボトル内に入る空気が入っても問題ありません。また他には、ボトル自体に空気が入らないようなシステムで設計しているところもあります。

このように、きちんと空気の雑菌に対して対策しているサーバーを選びましょう。
そうすれば、おいしい水を安全に飲むことが出来ます。

TOP