むくみと水の深い関係とは

むくんでいるからと言って水を飲まないのはNG

まずはきちんと原因を知ろう

むくみに悩む女性

女性にとって悩みの1つとなりやすい「むくみ」。
朝起きた時に顔がむくんでいたことや、仕事終わりに脚がむくんでしまう人も多いのではないでしょうか。実際より一回り大きく見えてしまうこともあるため、できるだけ予防や対策方法を知っておきたいですよね。そのためにはまず、むくみがいったい何故起きてしまうのか知っておかなければいけません。

まずむくみとは、基本的にその部分に必要のない余分な水分が溜まってしまうことで起こります。こう聞くと多くの人が「水をあまり飲まないようにしよう」などと勘違いしますが、実は水を飲まないことは対策方法として逆効果になります。

なぜなら、むくんでいるからと言って身体全体の水分が足りていないとは限らないですからです。
問題なのは、むくんでいる部分になぜ水分が溜まっているのか?なのです。この原因を考えていくことで、予防や対策方法が見えてきます。

1.姿勢が長時間同じで、重力の影響を受けている

長時間立ち仕事をしている人や、横になっている時間が長い人は、身体に対してずっと同じ方向に重力を受けることになります。これは体内にある水分も同じで、重力を受ける方向へと移動しやすくなったり、留まりやすくなったりします。その結果、上手く水分が循環せずに顔や脚がむくんでしまうのです。

2.冷え性などによる血行不良や筋肉の衰え

血液は栄養や酸素だけでなく、水分を体内へ運んでいます。
新鮮な水を各細胞に与えてくれ、その代わりに老廃物などを含んだ不要な水分を取り込んで腎臓などに運んでくれます。しかし、血行が悪くなってしまうと、この循環機能が上手に働かなくなります。いつまでも老廃物を含んだ水が細胞に溜まった状態になります。その結果、むくみが発生してしまうのです。
これは血行不良だけでなく、筋肉の衰えなどでも起こります。筋肉は老廃物を押し出す役割を担っているので、筋肉が衰えている人や運動しない人は老廃物が溜まりやすいのです。

3.塩分過多や

塩分は、水分をたくさん取り込もうとする性質が備わっています。塩分は消化器官を通じて血液に吸収されてしまうので、その時一緒にたくさんの水分を血管に取り込んでしまいます。
すると、血液は水分が多くなってしまい、血管内から各細胞へと余分に水が与えられることになります。しかし、それでも血液内の水分は多いため、老廃物を含んだ細胞内の水は血管にほとんど吸収してもらえません。その結果、細胞内の水分が多くなってしまい、むくみが起こるのです。

4.水分不足

水が体内から不足してしまうのも、むくみが起こる原因になります。
身体は水分が不足していると感じると、水分を体内に留めようと働きます。つまりむくみたくないからと言って水分の摂取を控えていると、身体は逆に水分の排出を抑えてしまいます。適度に水分を摂っておくことが、むくみ解消には必要です。

まとめ

このように、むくみは様々なことが原因となります。
身体の水分バランスを整えるようにすることがその予防と対策になります。水をガブ飲みしたり、水分の摂取を控えたりすると身体の水分バランスは簡単に崩れてしまうので注意しましょう。またお酒やコーヒーなどは水分摂取とはいえないので、水を飲むように心がけるのも良いでしょう。
運動やマッサージなどだけではなく、身体に入れるものを見直すことも、むくみの予防と対策には必要なのです。

TOP