ウォーターサーバーのお手入れを自分で行う場合

ウォーターサーバーを自分でお手入れする方法

綺麗な水を綺麗なサーバーで

拭き掃除

手軽でおいしい水を飲むことが出来るウォーターサーバーですが、いくら安全で綺麗な水を手に入れても、サーバーが汚れていてはせっかくの良い水も台無しです。ウォーターサーバーの内部を素人がお手入れしたり、メンテナンスしたりするのは難しいですが、目に見える部分を掃除するのは可能です。

せっかく手に入れたおいしい水ですから、ウォーターサーバーを清潔に保って安全性を損なわないようにしておきましょう。

蛇口部分

水が飲みたい時に使用する蛇口は汚れやすい部分の1つです。
水気が多い部分はそのまま放置しておくと、衛生的にあまりよくありません。汚れていないように見えがちですが、週に1度はお手入れをして衛生的な状態を保つようにしましょう。

この際、除菌するためにアルコール系のものを使用して、ふきんなどを使用して拭き取り掃除しておくのがおすすめです。目に見える汚れだけですなく、目に見えない雑菌などのケアもしておきましょう。
またサーバーによっては、歯ブラシなどを使用して蛇口の先端を綺麗にしておくのも効果的です。
拭き取りは1日に1回、寝る前や起きた時などにさっとしておき、週1程度念入りに掃除しておくと良いでしょう。

ボトル交換口

蛇口部分と同じようにマメに手入れしておきたいのが、このボトル交換口。ここが汚れてしまうと、水にまで被害が及ぶので、ボトルを交換する時には必ず手入れしておきましょう。
ここも蛇口と同じように、アルコール系のものを使用して拭き取り掃除して、汚れと雑菌の対策をしておきましょう。また、水が溜まっている場合があるので、差込口の底も確認しておき、水気がある場合は拭き取っておきましょう。

受け皿

ここも水気が溜まりやすい部分の1つです。ただし、取り外しが基本的に可能なので、皿洗いと同じように清掃すれば問題ありません。蛇口やボトル交換口と比べると、そこまで衛生状態を気にする必要はありませんが、子供がいる場合は受け皿に水をこぼしやすいので、こまめに洗っておくと良いでしょう。

本体背面

この部分は衛生的に大きな影響はありませんが、ホコリなどがたくさん付着すると熱効率が低下すると言われています。そのため、月に1回程度は掃除しておきましょう。掃除機をかけた時、ついでにしておくだけでも構いません。

まとめ

ウォーターサーバーの外部は自分でお手入れすることが充分に可能です。水に濡れたまま何もしないでいると、汚れてしまうのは他の家電と同じです。そのため水と接する部分はもちろん、サーバー本体などもコーヒーやお茶などのはね汚れが目立つ場合は拭き取るなどして、清潔にしておきましょう。

TOP