ウォーターサーバーの水があればいざという時にも安心

断水でも安心

工事で水が使えなくても

断水ででなくなった水道

快適な生活を送る上で、私達の身の回りでは様々な工事が行われています。
工事によっては一時的に生活に影響が出てしまうことがあります。影響の一つとして起こり得るのが「断水」です。断水は、一時的に水が断たれることです。断水されている間はキッチン、洗面所、浴室、トイレなどすべての水を使用することができなくなってしまいます。
工事による断水の日時を前もって把握していれば、予め準備をしておくことが出来ますが、工事について把握していなかった場合には、水を使用したいときに使用することが出来ずに驚き・困惑してしまいます。

ただ、このような工事によって断水状態となってしまった場合でも、ウォーターサーバーが設置されていれば冷水・温水・常温水の水を自由に使用することが出来ます。

災害があっても

災害時の家

日本は地震大国と言われているほど頻繁に地震が発生しています。
様々な分野で技術は発達しているものの、自然災害は食い止めることが出来ません。
地震が発生すると家屋が崩壊し、水道が断水してしまいます。食べ物は1ヶ月程度食べなくても生きることは出来ますが、水というのは1週間飲まなければ生きることが出来ないのです。そのため、災害が発生しても一定期間生きるために飲水の確保が必要なのです。
ウォーターサーバーの場合、ボトルさえあれば水を確保することが出来ます。また、サーバー本体が無事であれば停電で電源がつかなくても常温水を出すことが可能です。
もしもの時に備えて、災害対策のためにウォーターサーバーで水を確保しておきましょう。

TOP