日本酒を楽しむためにはおいしい和らぎ水を

和らぎ水で日本酒を長くおいしく

晩餐をより楽しむ

日本酒

仕事などの日々の疲れを癒してくれるお酒。嬉しい事や嫌な事があった日に自分の好きなお酒を飲まれる方は多いでしょう。ビールや焼酎、ワインなど様々な種類から自分の好きなお酒を選ぶのは楽しいですよね。

そんなお酒の中でも、日本独特の方法で造られているのが日本酒です。日本酒はビールよりもアルコール度数が高いですが、焼酎やウイスキーなどと比較すると低いので、飲みやすいと感じる方も多いと思います。この日本酒にとって、水はとても大事なもの。おいしい水でなければおいしい日本酒は造れないのです。そこで出るおいしい水に合わせておいしい日本酒を造るのが難しいのだとか。

しかし、いくら日本酒が好きでもお酒の弱い方だとアルコール15度前後にあたる日本酒はそうガブガブ飲めるものではありません。おいしい日本酒をなんとか深酔いせずに味わいたいと思っている方も多いでしょう。

深酔いを防ぐ和らぎ水

そこでおすすめなのが、和らぎ水です。これは外国風に言えばチェイサーにあたるもので、日本酒だけを飲み続けるのではなく、合間に水を挟んで飲みます。そうする事で体内の水分を補給出来るので、アルコールの分解もスムーズに行われて、悪酔いしにくくなるのです。日本酒が好きだけど、すぐに酔っ払ってしまうなんて方は、この和らぎ水を飲んでおけばいつもよりも長く快適に日本酒を楽しめます。

ちなみにこの和らぎ水は、そのお酒を造る際に使われたお水を飲むのが良いそうです。とは言っても、実際には難しいので、ウォーターサーバーやミネラルウォーターなどの天然水を飲むのがおすすめです。水道水でも悪くありませんが、どうしても雑味が入ってしまうので出来ればおいしいお水にしましょう。

日本酒に氷

近年、日本酒を飲む新しい方法として注目され始めているのが、氷を入れて飲む「ロック」です。
日本酒ロックと聞くと違和感を覚えますが、各メーカーでも推奨されている飲み方の1つなのだとか。和らぎ水だけでは、酔っ払ってしまいそうなんて方は、ロック+和らぎ水にしておくと日本酒をもっと楽しめるかもしれません。

この氷も本来はその日本酒を造る際に使われたお水でつくるのがおすすめですが、無理な場合は軟水の天然水で作った氷を使用しましょう。氷から融けだした水でほんのりとアルコールが薄まるので、いつもよりも飲みやすく女性にもおすすめです。

まとめ

日本酒は水と非常に相性の良い飲み物です。そのため、アルコールを翌日に残したくない方やゆっくりと酔いを楽しみたい方は、この「和らぎ水」や「ロック」などの飲み方を試してみてはいかがでしょうか。

TOP