ウォーターサーバーの安全なお水を赤ちゃんに

水道水と比べて安全性の高いウォーターサーバー

料理に使ったり、水分補給として飲んだり、水は私達の生活にとても深く関わっています。
これは赤ちゃんであっても大人であっても同様です。そのため、水になにか異常があれば、健康はすぐに脅かされてしまいます。
特に赤ちゃんや小さな子供は体が未発達なので、その影響を受けやすいといえます。
自分の子供の健康を考えるなら、水にも注目しておくべきなのです。

特に震災が起きて以降、常に心配の種となっているのが放射能です。
現在では、強い放射線が残っている地域はかなりなくなりましたが、決してゼロになったわけではありません。

定められた基準では、特に問題ないとも言われていますが、そもそも放射能は未知である部分が大きいものです。微量であっても摂取しつづければ、健康に何らかの問題が生じる可能性も充分にあります。
そのため、子供たちにはできるだけ放射能の含まれていないものをあげておきたいところ。
そしてこの問題は食材と同じように水も例外ではありません。

質の高い安全対策

眠っている赤ちゃん

各ウォーターサーバー会社では、それぞれ採水地ごとに放射線濃度を測定して、ホームページに載せるなどの対策を行っています。そのため、子供や赤ちゃんのためにウォーターサーバーを選ぶ際は、放射線をきちんと測定し、結果を表示しているかどうか確認しておきましょう。

塩素やトリハロメタン

水道の蛇口

水道水の消毒には塩素という物質が使われているのですが、この塩素は、人間の体にとって有害な物質です。もちろん水道局では、この塩素が0に近づくようにしていますが、現在でも僅かながら水道水に含まれています。「カルキくさい」というのはこの塩素が原因です。塩素はアトピーを引き起こすなど良くない噂を聞いたことがある人も多いでしょう。

また塩素は発がん物質であるトリハロメタンを発生させます。こちらも量は非常に微量ですが、水道水に含まれています。
他にもたくさん摂取すれば健康に影響を及ぼすと言われています。

このように言われている水道水を毎日飲むのは、あまり気が進まないですよね。
基本的に、水道水に残っている塩素やトリハロメタンですぐに健康被害が出ることはありませんが、自分の子供に飲ませるには少し不安を感じる人も多いでしょう。

そこで、より安全性の高い水を求めている人におすすめなのが、ウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーなら、塩素の心配はありません。
またミネラルウォーターと違って、軟水を取り扱っていることが多いので、赤ちゃんや子供にも安心して使えます。

TOP