おいしいお水で赤ちゃんのおかゆをおいしく

おいしいお水でおいしいご飯

使う水でご飯の味は変わる

おいしそうなお米

赤ちゃんは産まれてしばらくはミルクや母乳を飲んでいますが、半年前後たつと離乳食期に入ってきます。この時期に色んな食べ物を食べさせてあげることで、赤ちゃんは食べることの楽しさを知っていきます。そのため、できるだけいろんなおいしいものを食べさせてあげたいですよね。毎日同じものだと大人と同じように赤ちゃんも飽きてしまいます。

とは言っても、日本人からすればお米だけは別格。お米だけは毎日のように食べても飽きないですよね。そこで赤ちゃんにもお米のおいしさを知ってもらうために作りたいのがおかゆです。おかゆなら、煮込んでとろとろにすれば食べやすくなりすし、お米本来の味を楽しめます。

そこでよりおいしいおかゆを作るために使いたいのが、ウォーターサーバーです。
ウォーターサーバーの水でご飯を炊いたり、おかゆを作ったりすればお米本来の旨味を充分に引き出すことができます。

ただし、何も考えずに良いミネラルウォーターを入れてはいけません。お米の旨味を引き出すためには、軟水であることが絶対条件です。昔から日本に流れている軟水が、お米の味を引き出すのにぴったりなのです。硬水で炊いてしまうとお米がパサパサになってしまうので気をつけましょう。

このように硬度の低いおいしい水は、お米をおいしく炊くために欠かせない材料なのです。

TOP