塩素など人体に不要なものは水から取り除こう

水道水は自分で安全にできる

毎日飲むものだからこそ

水道水

水道水は、雑菌の繁殖を防ぐために塩素が投入されています。国が水道水に投入すべき塩素の下限を定めているので、日本の水道水には必ず塩素が入っています。蛇口を通して各家庭に安全な水を大量に届けるためには、塩素は必要不可欠なのです。

しかし、この塩素は雑菌の繁殖を抑えてくれるというメリットだけではありませんよね。
カルキ臭を発生させてしまう原因になりますし、洗顔などに利用すると肌にダメージを与えてしまうとも言われています。また、塩素で殺菌することによって発生するトリハロメタンは発がん性があると言われています。このように塩素は安価で雑菌などの繁殖を抑えてくれますが、メリットばかりではないのです。

そこで考えておきたいのが、水道水を利用する際には事前に塩素を除去することです。水道水に一手間かけることで塩素は取り除くことができます。
例えばその方法の1つが、沸騰させることです。これはよく知られている方法の1つですが、実は落とし穴が潜んでいます。それは沸騰させてすぐに加熱をやめることです。しばらく加熱を続けておかなければ、塩素の除去は不完全になります。またトリハロメタンは、沸騰を10分以上続けなければ除去できません。逆に沸騰してすぐの状態だと、トリハロメタンが活性化するだけなので、注意しておきましょう。
他には、ビタミンCを足す、活性炭を入れるなどの方法で水道水から塩素を取り除くことができます。

このように水道水から塩素やトリハロメタンを除去するためには、面倒な手間が必要となります。
そのため、安全な水を出来るだけ手軽に手に入れたい人は、ウォーターサーバーを導入することが多いのです。

TOP