人が日常生活で失う水分量とは

人は毎日たくさんの水を放出している

知らない間に

水

人の身体は6割程度が水でできています。そのため、生命を維持するためには水分摂取が欠かせないのです。人は毎日毎日水分を体外へ排出し続けています。そのため、毎日きちんと水分を摂っておかなければ、体調が悪化することもあります。では、いったい人はどのようにしてどれぐらいの量の水分を放出しているのでしょうか。

まず水分を失う代表例として思い浮かぶのが、汗ですよね。
汗はその日の気温や体調、体質などによって量が大きく変わってきます。多い人では1リットル以上の汗を1時間でかく人もいるそう。ただし、汗は運動している時や熱い時などでなければ出ません。そのため、必ずしも毎日放出しているとは言えません。

では尿はどうでしょうか。
こちらも個人差はありますが、どんな人でも1日数回は尿を出すでしょう。
その量はおよそ1.2リットルと言われており、かなりの量を放出していることがわかります。
また便も0.1リットルと少ないですが、水分を出しています。

他には呼気にも水分が含まれていますね。寒い日などに息を吐くと白くなるのも水分が含まれていることを示しています。なんとこの呼吸で人は1日におよそ0.4リットルもの水分を放出しています。
そしてもう1つ驚きなのが、皮膚の表面からも少しずつ水分が放出されていることです。こちらはおよそ0.6リットルを1日で失っていると言われています。

このように、人はあらゆる場面で水分を失い続けています。
ここまで挙げた4つだけで放出される水分量は2リットルを越えます。
つまり、毎日2リットル以上の水分を摂取しなければ、身体は水分不足になってしまうのです。

TOP