健康に良い水は弱酸性?弱アルカリ性?

水は硬度だけでなくPH値も見ておく

PH値って何?

お水

水にはいくつかの基準があります。例えばその1つである硬度は、水のなかにあるミネラル分を表している数値で、自分の身体に合ったものを探すためには欠かせない基準になります。

また硬度以外にも水を選ぶ時に見ておきたい基準はあります。
それがPH(ピーエッチ、ピーエイチ、またはペーハー)と呼ばれるものです。
小学生の時、リトマス紙を使用してアルカリ性や酸性などを分けたのを覚えていますか?あれがPH値になります。

このPH値が変わると、水を飲んだ際の口当たりや身体に与える影響、味なども変わってきます。そのため、ミネラルウォーターやウォーターサーバーなどで水を選ぶ際には見ておきましょう。

PH値は主に0~14まであり、7以下は酸性、7以上はアルカリ性、7は中性と呼ばれています。
0や14に近いほど強い酸性や強いアルカリ性になり、7に近い場合はそれぞれ弱酸性と弱アルカリ性になります。

人の身体とPH

人の体内に流れている血液などの液体は、7.4程度で弱アルカリ性となっています。そのため、人の身体を弱アルカリ性に保ってくれるような食べ物や飲み物が、健康に良いと言われています。そのため、強い酸性やアルカリ性のものは身体へ与える影響が大きいため、あまり摂取しない方が良いでしょう。

ミネラルウォーターやウォーターサーバー、水道水などの水は、基本的にPH値が5~8程度に収まっています。そのため、強い酸性やアルカリ性を摂取してしまうことはありませんが、弱酸性の水を摂り続けることは身体に良くないとされています。中性もしくは弱アルカリ性の水を飲んだ方が良いのです。

水以外は?

食べ物の中には酸性のものがいくつかあります。お酢やレモンなどの酸っぱいものは基本的に酸性になります。そのため、これらの食べ物は身体に悪い影響を与えると勘違いしがちですが、お酢やレモンは摂取前に酸性でも、身体のなかに入るとアルカリ性に変化します。そのため、お酢やレモン自体は酸性ですが、アルカリ性食品と呼ばれ問題なく食べられます。

身体に吸収される時も酸性な食べ物は肉や魚になり、野菜や果物はアルカリ性です。
身体は酸性に傾いてしまうと、だるさや疲れを覚え、細胞の動きが鈍ってしまいます。もちろん、少し酸性のものを食べたからと言って、人の身体が簡単に酸性へと傾くわけではありませんが、アルカリ性のものよりも負担がかかってしまうのは事実。そのため、疲れている時は酸性食品や水ではなく、アルカリ性食品や水を摂取するようにしましょう。

お肌には弱酸性

摂取するお水は、弱酸性のものでなく弱アルカリ性のものがおすすめですが、弱酸性の水が全く使えないわけではありません。なぜなら、人の体内は弱アルカリ性であっても、表面である皮膚は弱酸性になっているからです。逆にお肌はアルカリ性に傾いてしまうと、弱ってしまうので、弱酸性の水を使用した方が肌に与える負担は小さくなります。洗顔後に弱酸性の水を化粧水のように肌につけるだけで、PH値が安定するので肌がより健康的になります。

TOP