1人暮らしの人が覚えておきたいウォーターサーバーを選ぶ基準

1人暮らしでも必要なの?

1人だけでもお得に!?

水を飲む女性

ウォーターサーバーは、赤ちゃんが産まれた家庭や、オフィス、お店など、実に様々な場面で利用されています。人が多くいる場所や、水を使う機会が多いため、ウォーターサーバーを利用した方が、おいしくお得にお水を手に入れる事が出来ます。

しかし、そうなってくると迷ってしまうのが、1人や2人で暮らしている場合ですよね。
水はそれなりに飲むけど、ウォーターサーバーを導入するほどなのか?と疑問に思っている人もいるでしょう。もしこのような人が少ない家庭などでウォーターサーバーの導入を検討している場合は、選ぶ前に落ち着いて、不要にならないかどうか考えてみましょう。

最も大事な飲む量

最初に考えたいのが、普段自分たちが1日でどの程度の水を飲み物や料理に利用しているのかです。
基本的に多くのウォーターサーバー会社では、1ヶ月に何本以上というノルマが設定されているので、仮に水が余ってしまっても、次月が来れば水は注文しなければなりません。そのため、普段から水をあまり使わない人はウォーターサーバーを導入しても、損する可能性もあるのです。

その基準となるのがおよそ1日に1リットル程度です。
もちろん、この1リットルは水をそのまま飲む量だけを指しているのではなく、お茶を沸かす時の水や、コーヒーを飲む時の水、また料理に使う水などを含めた量になります。

1リットルと聞くととても量が多いように感じますが、自炊をしている人にとって1リットルは基本的に使用している量と言えます。

交換は意外に重労働!?

一人暮らしの場合や、女性だけの場合、ボトルの重さは軽々と持ち上がる重さではありません。そのため、よく見られるタイプのウォーターサーバーをレンタルすると、ボトル交換時に思わぬ苦労を感じるかもしれません。

そこで、考えておきたいのが小さなボトルを採用しているウォーターサーバー会社にするか、ボトル設置場所が下部になっているサーバーを選ぶかです。
こうしておくことで、ボトル交換の手間を大きく省くことが出来るので、1人暮らしであっても特に問題なくボトル交換を行えます。

狭くならないように

これは1人暮らしや2人暮らしだけに限ったことではないのですが、ウォーターサーバーはデザイン等によって大きさがかなり違います。そのため、何も考えずにサーバーをレンタルすると、部屋や居間などが狭くなってしまうこともあるので、自宅が手狭に感じる場合、出来るだけ小さなものを選ぶようおすすめしておきます。

部屋に合うものを

人によっては自宅のインテリアに大きなこだわりを持っている人もいるでしょう。
そのため、そのインテリアに合わせたデザインかどうか確かめておきましょう。

いくらお水が美味しくても、サーバーの見た目が気に入らないとそれだけで気分も大きく変わってきます。特に色味は、それぞれの違いもわかりやすいので、早めに考えておきましょう。

まとめ

ウォーターサーバーは1人や2人で暮らしている家庭だからと言って、向いていないわけではありません。自分が普段利用している水の量をまずはおおよそでも把握してから利用を考えてみましょう。

TOP