ちょっと贅沢なフレーバーウォーター

おもてなしにも使えるフレーバーウォーターレシピ

華やかな気分に

水と桃

以前にもこのサイトで、フレーバーウォーターをいくつかご紹介させて頂きましたが、今回はその続編です。
前回は、ミントや夏みかんなどリフレッシュですっきりしたい時に飲みたくなるような味わいの水をご紹介しました。

そこで今回は、急な来客があった時に使えるフレーバーウォーターをご紹介していきます。
急な来客があった時になにか人に出せるような飲み物があれば良いですが、予想していないと冷蔵庫になにもないなんて困った事態もありますよね。かと言って、水をそのまま出すのもあまりにも味気ありません。
そんな時に使えるのがちょっと良い果物を使ったワンランク上のフレーバーウォーターなのです。

華やかな香りの桃を

好きな果物として名前をよく聞く1つが桃です。熟した桃は、他の果物と比較しても甘くておいしいですよね。そんな桃を今回は贅沢に使ってみましょう。

大きめの桃なら半分程度、小さめの桃なら全部入れてしまいましょう。
あとはお好みでハーブやレモンなどを入れると、桃の香りを引き立ててくれるのでおすすめです。

桃は果物の中でも果糖が多く含まれているので、ほっと一息付きたい時や自分へのご褒美に作るのも良いでしょう。またビタミンC、食物繊維などの栄養も含まれているので、美容への効果も期待出来ます。
これならお客様に出してもただの水とは思われませんよね。

紅茶の代わりに

おやつやデザートを食べる時、紅茶を入れてほっと一息する時間って大切ですよね。
しかし、暑くなってくると紅茶を淹れるのもなかなか大変です。出来ればお湯を使わずに飲み物を用意したいですよね。

そんな時におすすめなのが、甘いものと相性抜群のフレーバーウォーターです。酸味を感じるフレーバーウォーターなら、甘いものをより美味しく味わえますよね。

そこで今回使用する果物がラズベリーです。
ラズベリーにはポリフェノールが多く、美容や健康にも良い影響を与えてくれます。
またラズベリーだけでなく、風味付けとしてバニラを使用するのもおすすめです。ほんのりとした酸味とバニラの甘い香りが気持ちを落ち着けてくれます。ラズベリーが好きな人は果肉を取り出して、グラスに入れておくのもおすすめです。
また半日ほど前に用意しておくと、色も綺麗な赤に染まってくれるので、おもてなしとして用意すれば、相手も充分に満足してくれます。

まとめ

フレーバーウォーターは、飲みたい味や用意したい相手によって、入れる果物やハーブを変えられるのがポイントです。このような定番と言える組み合わせを作れるようになったら、自分オリジナルのフレーバーウォーターを作ってみるのも楽しいかもしれません。

TOP