不足しがちなミネラルはおいしい水で補給

水とミネラル

バランス良く

コップに入った水

水には目に見えないだけで色んなものが含まれています。見た目が同じような水でも、採水地や処理の仕方によって、成分は少しずつ違うのです。
そんな水のなかに含まれているのがカルシウムやマグネシウム、ナトリウム、カリウムなどのミネラル分です。
ちなみにこれらのうち、カルシウムとマグネシウムは硬度によってどの程度含まれているのか表示されています。たくさん含まれているものは硬水、あまり含まれていないものは軟水とされています。

ミネラルは人にとって必要不可欠な成分の1つです。そのため、バランス良く摂取しておかないと体調不良になることもあります。
そのため、ミネラルを補うために硬度の高いミネラルウォーターを飲んでいる人がたくさんいます。
こうすることで、身体に必要なミネラルを簡単に摂取できます。

ただし、硬度の高い水は2つの注意点が必要になります。
まず1つが、硬水を飲むと人によってはお腹をこわすことがある点です。
日本人の多くは今まで軟水に慣れているので、急に硬水を飲むと身体が対応できない場合もよくあります。そのため、今まで硬水に慣れ親しんでいない人は、最初は少しだけにしておき、徐々に量を増やしていきましょう。慣れてくると身体が硬水に合うようになります。

そしてもう1つ注意したいのが、赤ちゃんには刺激が強すぎる点です。
大人の場合は、がぶ飲みしなければ体調に異変を感じない人も多いですが、赤ちゃんの場合はほとんどの子がお腹を壊します。赤ちゃんの胃腸はミネラルをまだ充分に処理できないのです。
そのため、赤ちゃんのいる家庭では、硬水よりも軟水を使うようにしましょう。

TOP