ウォーターサーバーのおいしい水でジュース離れを

おいしい水がわかる子供に育てよう

人の舌は不思議なもので、味の濃いものばかり食べていて最初は塩辛いと思っていても、次第に段々と慣れてきて、それが普通になっていきます。そして次に普通の味付けのものを食べると、逆に薄いとすら感じるようになります。このように、人の舌は普段の食生活によって、味の感じ方が変わってくるのです。これは赤ちゃんや幼児期の子供でも一緒で、普段の食生活が乱れてしまうと、味わいを正確に感じられなくなるかもしれないのです。

水が好きな子供に

子供

2歳から3歳頃になると、子供はウォーターサーバーから自分で水を入れられるようになってきます。この頃はまだ冷蔵庫から飲み物を出すのは難しいので、喉が乾いたら水を飲むという習慣がついていきます。そのため、ウォーターサーバーのある家庭では、水が好きな子供になりやすいのです。水が好きな子供は、段々と水のような繊細なおいしさを感じられるようになっていきます。

これがジュースばかり飲んでいる子供だとどうなるでしょう。

好き嫌いさせないために

ジュースには基本的にたくさんの甘味成分が含まれています。
そのため、段々と舌が甘味に対して慣れてしまうので、ほんのりとした甘みは感じにくくなり、強い甘味料の味を求めるようになっていきます。
その結果、子供は野菜などを食べても、そのほんのりとした甘みをほとんど感じられなくなり、苦味やくさみだけを強く感じるようになるのです。これでは、子供が野菜を嫌いになってしまうのも無理はありませんよね。そのため、ジュース好きな子供は野菜などの好き嫌いが多くなりやすいのです。

これに対して水が好きな子供は、普段から繊細な味に慣れています。そのため、野菜の甘みもきちんと感じられるようになり、野菜のおいしさを感じやすいのです。そのため、ウォーターサーバーを置いて水が基本となる生活をしていれば、好き嫌いしにくくなるのです。

健康のために

甘いものを普段から摂るようになると、それだけ糖分がたくさん口内に残りやすくなるので、虫歯にもなりやすくなります。
また糖質は、頻繁に与えてしまうと、さらに体が求めるようになるので依存性の高い物質です。そのため、健康に影響が出るまでジュースなどを飲んでしまうと、簡単にはやめられなくなります。
当然、糖尿病などのリスクも高くなるので、子供の健康を考えるならジュースではなく水なのです。
そのため、普段からジュースを飲ませるのではなく、ウォーターサーバーの水を与えるようにしておきましょう。こうすることで、虫歯のリスクを減らせるのはもちろん、糖質過多による他の病気も防げます。

TOP