水の硬度が場所によって違う理由とは

場所によって変わる水の硬度

慣れ親しんでいる水は地域によって違う

滝

日本人が普段飲んでいる水は、そのほとんどが軟水になります。
なぜなら日本という土地で流れている水が基本的に軟水だからです。
しかし、欧米諸国に行くと逆にそのほとんどが硬水になります。この違いは一体何なのでしょうか?

まず水の硬度は、どのような土地を流れているのかが大きく影響します。
そのため、昔から日本では軟水が流れており、欧米諸国では硬水が流れているのです。

この水の硬度を左右する大きなポイントなのが、その土や岩の性質です。
水が流れる土や岩にカルシウムやマグネシウムが多く含まれていれば、そこを流れる水にもカルシウムやマグネシウムが溶けて含まれやすくなります。また逆に土や岩にカルシウムやマグネシウムがあまり含まれていなければ、そこを流れる水にもあまり溶け出しません。

またそれに加えて、欧米と違って日本は非常に隆起の激しい土地です。
小さな島のなかで、大きな山と平野が連なっているので、水の流れも自然と早くなります。そのため、水にカルシウムやマグネシウムが溶け出す前に下流へと流れ着くのです。欧米の場合は、なだらかな土地が多いので、水の流れも穏やかになり、その分だけカルシウムやマグネシウムが溶け出しやすくなります。

このように水の硬度は、土地の違いがそのままそこに現れます。
どちらが優れているというのではなく、自分の好みや身体に合ったものを選ぶと良いでしょう。

TOP