ウォーターサーバーって実際どれぐらいのお金がかかるの?

とりあえず知りたいお金の話

導入するにあたって

お金

ウォーターサーバーをレンタルで設置するということになれば費用が必要です。
設置するための初期費用として発生する料金は、新規登録料、サーバーレンタル料金、水の料金です。
新規登録料というのは、サービスを利用するにあたって必要となってくる料金です。サーバーレンタル料金は、サーバー本体をレンタルするときに発生する料金です。水の料金は、利用する水に発生する料金です。水の量や種類によって金額は異なります。

ウォーターサーバー会社によっては、初期導入時に料金が一切発生しません。
キャンペーンによって初期費用が無料になる、無料お試しキャンペーンをしていることで、0円でウォーターサーバーのある生活を体験することが出来るようになっています。

ランニングコスト

豚の貯金箱

ウォーターサーバーを継続的に利用する場合、ランニングコストが発生します。
利用するウォーターサーバーによっても発生するランニングコストが異なりますが、ここでは一般的に発生するランニングコストについて紹介します。

◆電気代
ウォーターサーバーは、温水や冷水を出すために電力を必要とします。そのため、電気代が発生します。電気代は、ウォーターサーバーの違い、使用頻度によって異なりますが、400~800円程度となっています。サーバーによっては省エネモードという消費電力を抑える設定をすることが出来ますので、節約になります。

◆配送料
水を届けるための配送料です。多くの会社では配送料が無料となっています。ただ、一部の地域では配送料が発生することもあります。配送時には、配送の周期、日時を指定できることが一般的です。

◆水代
注文する水の種類によって金額が変わります。6L入りや12L入りのボトルがあり、注文数は自由に選択することが出来ます。

TOP