ウォーターサーバーで電気代を節約

光熱費が安くなる

ガス代の節約

節約イメージ

冬になるとホットドリンクが恋しくなります。
ただ、夏でもエアコンがよく効いている部屋であれば、体を温めるためにホットドリンクを飲むことがあります。つまり、冬だけではなく年中ホットドリンクを飲む機会があるのです。しかし、ホットドリンクを飲もうと思えばお湯を沸かす必要があります。
また、野菜を茹でる、スープを作るといった調理をする場合でもお湯を使用します。お湯を沸かす際にはガスを使用します。毎回ガスでお湯を沸かしているとガス代が高額になってしまいます。

ウォーターサーバーの場合、サーバー内の温水タンク内は常時80~90度に保たれています。それでいて、24時間365日電源を入れ続けていても、やかんや鍋でお湯を沸かすことに比べれば手間と費用を抑えることが出来ます。

電気代の節約

節約できた男性

ガスを使ってお湯を沸かさないからガス代はかかっていないということでも、電気ポットでお湯を湧かしている場合には、当然電気代がかかってしまいます。
電気ポットは電気代が安いというイメージを抱いている人が多いと思いますが、実は意外と電気代がかかっているのです。ポットの種類や使い方によっても消費電力は変わってきますが、1日2回沸騰、それ以外は常に保温の状態であれば1ヶ月で1,000円程度の電気代がかかります。

ウォーターサーバーの場合も電気ポットと同じように24時間電源を入れることとなりますが、電気ポットに比べて消費電力が低いです。つまり、電気代が安いということです。
ウォーターサーバーの種類によっても消費電力は違いますが、1ヶ月で400~900円程度が一般的です。
お湯を使う機会が多いといった場合にはかなりの節約に繋がります。

TOP