ミネラルウォーターってそもそもなに?

ミネラルウォーターの分類を知ろう

分類

並んだ水

私達が生きるために欠かせない「水」。
日本では飲水を手軽に手に入れられるため、普段自分が飲んでいる水がどのようなものなのか無頓着な人もいるのではないでしょうか?わざわざボトルなどの品質表示を確認する事ってないですよね。しかし、一口に水と言っても、その処理方法や原水の場所などによって、それぞれ違う呼び方、品質表示が用いられているのがご存知でしょうか?
同じ水でも農林水産省が発表しているガイドラインによって、いくつかに分類されているのです。
では一体、「水」はどのように分けられているのでしょうか?

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター

これは「ナチュラル」という名が示す通り、人の手があまり加えられていない自然に近い状態の水です。
最低限のろ過や熱処理のみを行い、湧きでている水の状態に一番近いと言えます。もちろん、原水が綺麗な水でなければ、このナチュラルウォーターやナチュラルミネラルウォーターにはなれません。

ミネラルウォーター

多くの方が飲んでいる水はほとんどがこのミネラルウォーターではないでしょうか?
ミネラルウォーターとは、ナチュラルミネラルウォーターへの処理をしっかりと行ったものを指します。
つまり、ナチュラルミネラルウォーターに殺菌処理を施したり、成分調整を行ったりするとこのミネラルウォーターに分類されます。

ボトルドウォーター

ナチュラルウォーター、ナチュラルミネラルウォーター、ミネラルウォーターは基本的に地下水である事が条件の1つとなっています。地下水でないものは、このボトルドウォーターに分類されます。

まとめ

このように、「水」はその処理方法や地下水なのか否かによって、分類されています。
より自然なままの水を味わいたい人は、ナチュラルウォーターを探して飲んでみてはいかがでしょうか?
また、これは日本において分類される場合の基準なので、外国産のものを基準が少し変わってきます。
例えば、日本ではミネラルウォーターとして分類される水ではあっても、外国にはそもそもミネラルウォーターという基準がないため、プロセスドウォーターに分類されます。同じ水であっても、基準が変わればその分類も変わるのです。もし外国産のお水を飲んでいるのなら、一度違う分類の水を試してみるのもおもしろいかもしれません。
もしあなたがミネラルウォーターやウォーターサーバーなどの水を飲んでいるのなら、是非この機会に自分がどのような水を飲んでいるのか、調べてみて下さい。自分がどのような水が好きなのかこれで判明するかもしれません。

TOP