大きく分けて2種類、ボトルのタイプとは

ボトルタイプを選ぼう

ガロンとワンウェイ

水の入ったボトル

ウォーターサーバー業者に頼んだ水は、大きなボトルに入って家にやってきます。
このボトル、実は各業者によって2つのタイプに分けられるのです。
それぞれメリットとデメリットがあるので、状況に合わせて選ぶようにしましょう。

ガロン式

まず1つ目が、ガロン式と呼ばれるボトル。
このタイプは、再利用を前提としているボトルなので、リターナブル式とも呼ばれます。
使用したあとは捨てずに置いておき、業者に引取りに来てもらう必要があります。

メリットとしては水代が安くなりやすい点や、ゴミが出ないので環境に優しい点があります。
逆にデメリットとなるのは、空きボトルを置いておくスペースが必要となる点や、不衛生になりやすい点があります。
昔はこのガロンタイプのボトルが主流でしたが、この数年でもう1つのタイプが主流になってきています。

ワンウェイ式

ガロンタイプに変わって、よく使われるようになったのがワンウェイ式のボトルです。
これはガロンタイプのように再利用する必要がなく、使い終わったそのまま丸めて捨てることができます。また再利用する必要がない分、形状の維持を気にしなくて良いのでボトル内部を圧縮して潰すことができます。そのため、水をサーバーから出しても空気を入れずに済みます。このおかげでウォーターサーバーの衛生面は飛躍的にUPしたと言われています。

このようにワンウェイ式のメリットは、使用後すぐに捨てられる点や、空気が入らないため水を衛生的に保てる点などが挙げられます。
デメリットは、使う度に捨てるのでゴミを増やしてしまう点や、ガロンタイプに比べると水が高くなりやすい点が挙げられます。

このようにボトルのタイプだけでメリットとデメリットがこれだけ違うのです。
少しでも安くしたい場合はガロンタイプを選び、安全性の高さや手間の楽さを考えるとワンウェイ式にした方が良いでしょう。

TOP