ウォーターサーバーの中身である「水」の選び方とは

ウォーターサーバーの水選び

天然水

コップの水

ウォーターサーバーの水だけではなく、ペットボトルの水としてもよく利用されている「天然水」というのは、自然で採水した水が原水となっています。
天然水は自然の大地に存在するミネラル成分が豊富に含まれています。人工的にミネラル成分を添加していませんので健康志向の人から支持されています。

天然水の採水地というのは様々な場所があります。日本だけではなく、海外が採水地となっている天然水も日本で販売されています。
きれいな天然水を使用しているのですが、マイクロフィルターを通して細菌を除去しています。そのため、不要な成分だけ取り除き、良い成分はそのまま残しています。

RO膜水

水イメージ

RO膜水の「RO膜」というのは逆浸透膜とも呼ばれています。不純物を全て取り除いた、ほぼ「純水」です。
逆浸透膜とは、通常のフィルターに比べて孔穴が小さく、不純物や細菌を全て取り除くことが出来ます。そのため、健康に悪影響が出る恐れのある成分は一切含まれていません。しかし、ミネラル成分までも取り除かれてしまいます。RO膜水は雑菌からミネラルまで成分のすべてを取り除きますので、水源がどこであっても最終的には同じ水となります。そのため、RO膜水のほとんどは水道水が水源となっています。
また、RO膜水といっても不純物を全て取り除いた後で人工的にミネラル成分を添加している場合もあります。

まとめ

同じ水でも、採水地や処理方法が違えば水の種類は変わってきます。
水にどのようなことを求めているのか?ということによって最適な水の種類は変わってくるでしょう。天然水やRO膜水のどちらも特徴が違いますので、一概にどちらが良いとは言い切れません。
ウォーターサーバー会社によっては初回割引や無料お試しというサービスがあります。このようなサービスを活用することで、ニーズに合った水を見つけることが出来ます。
また、どのような水でも放射性物質が含まれていないか気になっている人も少なくありません。そのような人たちが安心して水を使用することが出来るように、安全性を保証している検査結果を紹介しています。

毎日飲むものだからこそしっかりと選び、安心出来る水を選ぶようにしましょう。

TOP