赤ちゃんの離乳食はウォーターサーバーのおいしいお水で

離乳食期に入ってもウォーターサーバーは大活躍

産まれてから半年ほど経つと、赤ちゃんは離乳食期に入っていきます。
今まではミルクだけで栄養を摂っていましたが、少しずつ食べ物からも栄養を摂っていくようになります。

離乳食と水

赤ちゃん

離乳食は大事な赤ちゃんの食べるものだからこそ、健康や安全性に気をつかっているご家庭も多いのではないでしょうか。
最近では、この離乳食にもレトルト食品がたくさん登場していますが、できるだけ手作りにしたいと考えている方も多いでしょう。
子供には、良いものを食べさせてあげて自分は安いものを食べているなんて方もいらっしゃいます。

とは言っても、赤ちゃんは大人のように一度にたくさんのものを食べられませんし、固いものも当然無理ですよね。水分をたくさん含ませてあげて食べやすい状態にしなければなりません。
そのため、離乳食では通常の食事よりも「水」がとても大事になってきます。
食材だけにこだわるのではなく、水にもこだわってあげるとより健康的で安全性の高い離乳食を食べさせてあげられます。

作る手間も省ける

お母さん

離乳食を手作りであげると、どうしても1回1回手間がかかってしまいます。
食べ物を煮込んであげてペースト状にするのって、時間もかかりますし面倒ですよね。
しかも、最初の頃はどれだけ水気を含ませておけば良いのかがわからないので、時間をかけて作ったのに、いざ完成したら少し水気が足りないなんてことや、味が少し濃いなんてこともあります。煮込めばそれだけ水分も飛んでしまうので、離乳食ではありがちです。

そんな時は、水やお湯を少し足してあげて、水気や味付けを調整してあげなければいけません。
しかし水道水の水をそのまま注ぐわけにもいきませんよね。だからといってわざわざ煮沸するのもかなりの手間です。

こんな時、役に立つのがウォーターサーバーのお湯です。
ウォーターサーバーなら、欲しい時にすぐお湯を出すことができるので、少しお湯を足して柔らかくしたいなんて時にも、ボタン1つで解決できます。
またスープをさっと作ってあげたいなんて時にも便利なので、赤ちゃんへの料理としてはもちろん、大人への料理にも便利です。

このように安全でおいしいお湯がすぐに使えるウォーターサーバーは、ミルクだけを飲んでいる時期だけに便利なのでなく、離乳食期に入ってからも役立ちます。
おいしい水で作った料理は、それだけ味もおいしくなるので、ウォーターサーバーにしてから離乳食を食べる量が増えた方も多いようです。

TOP